「沖縄腎フォーラム ~幹事(豆の木クリニック) 吉原 邦男~」

 日本医師会の生涯教育制度が施行されて久しい。また各学会では認定医制度を設け、単位取得に講演会、研修会を開催している。県内にも中央より高名な先生がみえて、記念講演を開催し、最新の知見が紹介される。拝聴する講演会は、内容が高尚で時に現実味に乏しいこともある。又、県内でも各研究会、同好会が花盛りで、地道な活動が続けられている。当然のことながら初期研修プログラムが最も重要であるが、その後の専門研修プログラム及び生涯研修プログラムも又、重要である。
 その中で、本会(沖縄腎フォーラム)の起源は1982年(昭和57年)11月10日に遡る。本会の前半は文献紹介で後半は症例検討会で構成されている。その時その抄読会の担当者、年月日、文献のタイトル、著者名、雑誌名、内容要旨がノートに記載されている。会の名称は暫らくして命名された。
 早いもので25年目を迎えようとしている。本会は、当初、専門家の集まりではなく、透析療法に従事する同業者の集まりとしてスタートした。出身地、卒業大学、卒業年度、勤務病院もそれぞれ違う同業者同志が毎月1回2時間程集まり、その日の担当者によって、興味ある論文もしくは実際の臨床と関連のある論文が紹介される。単語明瞭、意味不明で、全くの英文和訳に終わったこともあった。しかし、徐々に広大なNephrologyの領域でオリエンテーションがついてきた。広さと深さと進歩が解る様になった。後半では、各施設からの症例が紹介され、臨床上の問題点が話題となった。各自の考え方が披露された後、討論を経て結論へと導かれる。この得難いメンバーの組み合わせが、味わい深い雰囲気を作り、帰路、余韻に浸ることもしばしばである。
 各施設を紹介すると、まず最初に、安立医院(安里 公)が中部で透析施設を開設した。県立病院とも連携し、中部地区における腎不全治療対策に多大な貢献をしている。
次におおうらクリニック(大浦 孝)は那覇市小禄で新規に透析施設を開設した。浦添まで外来透析のため週3回通院していた患者が那覇に戻って来た。又、日本全国から旅行透析者を常時受け入れている。リウマチ・膠原病の治療対策にも専念している。そのため365日24時間対応している。
 豆の木クリニック(吉原 邦男)は糸満のニュータウンで透析施設を開設した。県立病院とも連携し、南部地区における腎不全治療対策に多大な貢献を成している。
安木内科(仲宗根 安樹)は那覇市新都心近郊で透析施設を開設した。近隣の総合病院とも連携し、新都心の診療圏を相互補完することとなった。首里城下町クリニック(田名 毅)も首里近郊で透析施設を開設した。琉大病院とも連携し、人口密集地帯の診療圏で慢性疾患の予防、対策、治療と大いなる発展には目を見張るものがある。
吉クリニック(吉 晋一郎)は南部の中心部で透析施設を開設した。人口増加及び透析者の増加に伴い、近隣透析施設の不足部分を補完することとなり、地元より大いなる期待が寄せられている。更には今年、うえず内科クリニック(上江洌 良尚)が豊見城の新興住宅街で透析施設を新設する予定である。
 このメンバーが中心となり、25年の歳月を経て、的確な文献が紹介され、的を得た症例がプレゼンテーションされる。会の司会は、県立病院(腎臓内科)の和気 亨先生で、恒例の開催日にはスムーズに議事が進行され、議論は活発で、時に白熱する場面もある。既に25年前より病診連携は行なわれていた。現在では各施設共、地域に根差し紛れもなく社会の一員となっている。沖縄の医療の一翼を担えるまでに成長した。
 最近では各施設の若い先生方が2、3名出席するようになった。特に琉大病院からは古波蔵 健太郎先生の指導の下、研修医の発表がある。新人類はスマートである。最先端のpapersを的確にpick upし、reportする。複雑なcasesでもhigh tech.を駆使し、辛抱強く検索後回答する。そして、美しくプレゼンテーションする。型にはまると強い。しかし、時には基本的な事が欠落する場合もある。又、型破りが少なくなり、無駄・遊びも減少した。いわゆる個性的とか、創意工夫するとか、独創性とか、そういうキャラクターが稀薄になった。そろそろ21世紀にふさわしい奇想天外な発想がでてきてしかるべきである。新陳代謝の激しい昨今、願わくは、このフォーラムががじゅまる(榕樹)の毛根の如く、沖縄の土壌、風土、文化に適したシステムとして太く、そして深く根付く事を期待したい。
年間日程表: 1.新年会(1月)
2.新春特別講演会(2月)
3.夏期セミナー(7月)
4.納涼会(8月)
5.定例会(前期/3・4・5・6月、後期/9・10・11・12月)
 ①抄読会
 ②症例検討会
 ③その他(連絡事項)
場所:県立南部医療センター・こども医療センター 講堂
日時:毎月第二火曜日/19:00~21:00
腎・透析・膠原病を専攻する先生方の参加を歓迎致します。
事務局:県立南部医療センター・こども医療センター 和気 亨(腎臓内科)
沖縄腎フォーラム

[ページトップへ]

<< 院長通信一覧へ戻る
ごあいさつ膠原病とその治療法血液透析とは血液交換療法とは白血球除去療法とはリウマチの治療法繊維筋痛症
院内施設案内旅行透析の患者様へ癒しの里 おおうら求人のご案内交通アクセス院内通信病院からのお知らせ一覧
サイトマップお問合わせ